​講師紹介

東谷 由紀(ひがしたに ゆき)

IMG_1553.JPG

「趣味(居場所)に生きる」ということが私の幸せです。

子供たちにも「自分の好きなこと(趣味)、やりたいこと」を仕事にしてほしい。そんな思いを持って、生徒さんに私の好きな音楽を教えています。

滋賀県高島市の緑豊かな場所で、3姉弟の次女として生まれました。実家は扇子を作る仕事をしていて、叔母姉妹を含めた9人の大家族で育ちました。両親共忙しくしていた為、祖父母と接する時間が長かった私は、京都生まれの父と叔母の影響で古風な話し方をすることもしばしばあり個性的と言われたことがありました。

そんな私がはじめて習い事を始めたのは2歳。超が付くほどのわがまま娘だった(笑)ので、その当時3歳からしかヤマハ音楽教室に入会できなっかたのですが、相当ごねたらしく、両親がお願いをして姉と一緒に入会させていただきました。今の幼児科3年コースを4年も受講。もしその時入会できなかったら、今の私は違う人生を送ってたかもしれません。それから20歳まで18年間ヤマハ音楽教室に通い続け講師の道へ進みました。

講師になっても自分のスキルアップの為レッスンに通い続けました。結婚後2人の子供を授かりました。そのうちの一人が先天性の疾患を持って生まれ、生後4か月に大手術をしました。日々通院などで慌ただしい毎日で初めて音楽ができない日々続きました。そんなある日子供が楽しそうに鍵盤で遊んでました。お菓子を食べながらベタベタ

の手で・・・。その光景を見た時、「やっぱり音楽を再びやりたい」と思い下の子が2歳になってから自宅で音楽教室を始めました。最初は育児との両立が難しく夫婦喧嘩が絶えませんでした。でも音楽ができると思うだけで夫婦喧嘩も自然と我慢ができました。音楽を思う力は凄いと改めて感じています。人生の転機は38歳の時、今現在習っている先生に出会ったことです。一目拝見をし、この先生だ‼と直感で思い、半ば強引に「今すぐ入会させていただきたい」と嘆願。(ここで超わがままの性格が発動しました。)快く受け入れてくださったお陰で今も先生のご指導をたくさん受けさせていただき、さまざまな事を学び勉強させていただいてます。

いくつになっても音楽について勉強できることは本当に幸せな事です。この幸せな環境は、家族の理解があってこそ。これからも家族、そして関わるすべての人に感謝しながら音楽を楽しみたいと思います。

指導者としての受賞歴

2016年、2017年ヨーロッパ国際ピアノコンクールin Japan 優秀指導者賞 受賞